【Twitter運用ツール】無料で使えるSocialDogの使い方

Twitterのマーク Twitter

Twitterでフォロワーを増やす目的は1人1人違います。

フォロワーを増やす目的

励ましあう仲間が欲しい
ブログのPV数を増やしたい
影響力や発信力をつけたい

このような悩みを、無料のツール1つで解決することができます。

この記事では、SocialDog(ソーシャルドッグ) を使った、Twitterの分析をしております。

無料ツールを使ってTwitterの分析したい、フォロワーを増やしたいと思っている方は最後までご覧ください。

スポンサーリンク

SocialDogについて

フォロワー数などをグラフで確認したり、予約投稿などの機能があります。

基本機能は無料で使用可能です。
プランによって使用可能な機能が異なり有料となります。

個人で使用するのであれば、Lite Lite+で問題なく使えます。
Lite+|Basic|Proは初回であれば、7日無料のお試し期間があります。

SocialDogの登録と使い方

SocialDogの登録

公式ページから、赤い囲みの「Twitterではじめる」をクリックすると
Twitterアカウントと連携するだけなので、簡単に登録することができます。
公式アカウントはフォローしなくても大丈夫です。

登録が完了したら、実際に使い方を見ていきましょう。

SocialDogの使い方

以前の記事で紹介したTwitter運用ツール『Twitterアナリティクス』は
ツイートを数値化した管理機能が使いやすいツールでした。

今回、紹介する『SocialDog(ソーシャルドッグ)』は
フォロー・フォロワーの管理機能が使いやすいツールです。

SocialDogで出来ること

フォロー・フォロワーの管理

ログインした時に表示される画面の赤い囲みを選択すると

このような画面表示になります。

青囲み→フォローされているが、フォローバックしていない人
黄囲み→フォローしているが、フォローバックされていない人
緑囲み→30日以上ツイートがない人
赤囲み→フォロワー解除した人
お互いフォローしあってる人などなど、細かい分類で可視化が可能です。

予約投稿

あらかじめ、スケジュールを決めることで、指定した時間に登録されたツイートしてくれる機能です。
先のプラン表にあった、Liteだと10、Lite+で30まで登録可能です。

この機能を使うことで、ゴールデンタイムにツイートすることが可能です。

スマートフォンの使用が多くなる時間

08時:通勤時間
12時:お昼の休憩時間
15時:おやつの時間
18時:退勤時間
19時:夕食
20時:夕食後
21時:自由時間
22時:就寝前

このような、スマートフォンをよく使う時間に、自身が忙しいなかでもツイートを投稿できます。
あなたのツイートが多くの人に見てもらえる可能性が上がり、興味をもってくれたユーザーからのフォローも狙えます。
私の場合、仕事中はスマートフォンを持ち歩くことができない、古風な会社なのでこの機能は便利です。

受信箱 キーワードモニター

キーワードモニターは設定の項目にキーワードを追加すると、そのキーワードを使っている
ツイートを探して表示してくれる機能です。

これを利用することで、あなたがつながりたいと考えているユーザーを見つけることができます。

まとめ:Twitter分析無料ツール ソーシャルドック使い方

私はこのグラフが欲しくて、SocialDog(ソーシャルドッグ)を使い始めました。
無料であるにも関わらず、さまざまなことが数値化され有益なツールであることがわかりました。

ものすごくフォロー・フォロワーの管理にすぐれた『SocialDog(ソーシャルドッグ)』ですが
デメリットもあります。

これが簡単に分かってしまう。
Twitterでみんな頑張ってるな、私も頑張ろう!なんてやる気を貰っているなか
3ヶ月で8割辞めるなんて都市伝説だと思ってました。

実際Twitterの中だけでも、これだけの人がいます。
Twitterをやってない人なら、もっと多いはず。
何割の人が辞めているかなんて、正確な数字まではわからないけれども、存在はする。
私にはとっては、衝撃でした。

Twitterのさまざまなことを可視化できる機能は無料ツールでありながら、十分備えています。
Twitter運用する上で分析はとても大切なことです。
あなたも、アカウントの分析にSocialDog(ソーシャルドッグ)を使用してみてはいかがでしょうか。

この記事が少しでも、みなさんのお役にたてれば嬉しいです!

以上

少し見えすぎた部分に凹んでしまった【ゆきち】でした。おわりっ!



コメント

タイトルとURLをコピーしました